神月 龍華

【名前】神月 龍華(カミツキ リュウカ)
【性別】女
【年齢】14歳
【種族】人間
【所属】無所属
【ジョブ】殺人鬼
【誕生日】4月15日
【性格】猟奇殺人鬼。生きたまま解体したり、標本にして飾ったりなど、死体を弄び、
人を殺すことを快楽としていて、いつも良さそうな人間を探している。
【能力】「イタミワケ」自分が負った傷を対象1人と共有できる。腕が折れたなら全く同じ場所が折れ、
足を切ったなら同じところに同じ形の切り傷ができる。
「イマダケダカラ」イタミワケの副能力、イタミワケで誰かと共有された傷は、
両者共後に傷が残ることは無い
【武器】ナイフ
【容姿】身長153cm。誰でも可愛いと言うであろう程に整った容姿をしており、
透明感のある真っ白な髪は腰まで伸びており、宝石のような赤い瞳、透き通るような白い肌をしている。
真っ白なワンピースに革靴、真っ赤な蝶の髪飾りを付けている。
両足の太腿にナイフホルダーを付けており、両足に6本ずつ計12本のナイフを常備しており、
普段は服で隠れている。
【SV】「私神月 龍華、貴方殺していい?(満面の笑み)」
「次は絶対に殺すから、覚えててね。」
「楽しいね!もっと笑ってよ!」
【備考】10歳の頃、人攫いに捕まり売り飛ばされ、拷問、陵辱などの苦痛を受け、
その中で能力に気付き、自身を買った男や人攫いのグループを皆殺しにし、
そこで殺人の快楽を覚え、脱走してから人を殺して回るようになった。
14歳にして人体への理解は凄まじく、一般の人間であれば一撃で急所をつくことが出来るほどの殺人術を持っている。

  • 最終更新:2018-11-07 19:29:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード