オルトゥストラ

【名前】オルトゥストラ
【真名】Alternative Zarathustra(オルタナティブ ツァラトゥストラ)
【性別】男性
【年齢】18歳(本人の口から語られた年齢)
【身長】175cm
【体重】63kg
【性格】善人に対しては優し く接するが、悪人及びそれに近い存在に対しては悪意を為す。
理由としては「悪人であるのだから、別に君達をどうしようと誰も僕を責めないでしょ?」という理屈である。
後単純にそういう存在が気に食わな いのである。尤も、悪人を蔑んでいるから正義の味方という訳では無く、
オルトゥストラ自身も悪人寄りである為、「悪の敵」「悪を食らう悪」と言った方が正しい。
精神的な年齢は彼が話した歳に相当する。 殆んど冷静で、一見クールに見えるが実際には結構喋る上に
内心に秘めている感情は情熱である。同性愛は大の苦手。逆に女性との恋愛は大の好み。
【容姿】黒いTシャツの上に、黒いローブを羽織っていて、黒い長ズボンを着用している。濃褐色の瞳のツリ目。
黒い靴下に黒い運動靴。細い筋肉質な体。年齢に似合わない青年らしい顔貌。黒髪セミロング。
【武器】槍。刃が付いているのと付いていないのが存在する。背中の槍入れに2本入れて背負っている。長さは3m。
【能力(効果)】{■■に■■■■■鎖(■■■■■■)}自分の体及び半径20m以内の場所から、接触すれば養分やエネルギーを吸い取る鎖を出現させる。相手の体内及び何もない空間から鎖を出現させる事は出来 ない。それを吸収させる際に相手に激痛を与えるか否かを指定する事が可能。相手が死ぬまで吸収する事は出来ず、気絶するまで吸収される。何らかの理由で気絶しないのであれば、死亡しない限界の所まで 吸収され続け、限界に達したら強制的に吸収が停止する。この能力の所有者は、自分の肉体に鎖と同じ効果が付加され、肉体で相手の体に接触すれば養分を吸収可能である。さらに接触する箇所が増加すれば する程、吸い取る速度と量が多くなっていく。吸収した養分は自分の怪我の治癒に使用したり、エネルギーに変換して肉体強化に使用出来る。 相手を殺さないように養分を吸い取り、気絶させる事が目的の能力でありその性質上、相手の無力化に大いに役に立つ。だが逆に言いかえれば、相手を殺す事は出来ない為、殺さなければいけない場面なので あれば不利な状況に陥ってしまう。
【能力(説明/能力の効果については一切書かれていないので、効果だけを知りたければ読まなくても大丈夫です)】■■■■■■■■■■。オルトゥストラは■■■■■■■である。何か楽に■■の■■■■■■ ■■■は無いかとオルトゥストラが■■■■■■、この■■の事を■■■から■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。養分を吸い取る鎖…相手を束縛し、体の力を抜かせ、緩慢に眠りへとつかせる。 ■■■■■■とは■■■■の■■した■■■の■■(これ等の■■は■■■■■■■と呼称されている)の内の■■。何故■■の名を能力の名にしたのかは、彼のみが知る話であり、彼から及び此方からの最大級の 友好が無ければ決して教えてくれることは無いだろう。能力や道具などを用いて無理やり覗こうとしても無駄だ。彼はそういった物を最大限に警戒しているが故に、様々な対策を講じている。その対策を突破 するのは一筋縄ではいかない話であり、恐らく■■■■に■■■■■■■■■を■■するという■■な事よりも■■■■だ。故に正攻法たるお互いが最大限に好き合うと言う条件を果たすのが一番だ。
【能力(説明2)】「其は刃向う物を縛る鎖也。其は悪を捕縛する呪詛也。其は…■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■、この鎖を持て。さらば悪を食らう能力者とならん。」これはとある本の内容である。 著名は■■■■。この世界に存在したこの本の内容は現実の物と化す。Alternative Zarathustra(悪側面のツァラトゥストラ)の手によって。能力とは本来、同じ能力を用いなければ移植したり継承したり 出来ないというのが、一般的な能力者の見解だろう。然し、オルトゥストラは何らかの方法で最初の持ち主からこの能力を貰った。継承では無い、無断に貰ったのだ。人によっては能力盗難と言われても 可笑しくない行為を彼は行なったのだ。然し、彼は「悪」である為にそう言った事には無慙無愧である。「もう居ない人物の能力を貰って、無断で使用しても別に問題無いよ。著作権じゃあるまいし。」 と言うのが彼の考えである。そこに恥じらい等一切介在しない。己の欲望を満たす為なら、気分や相手によるがどういった事もするオルトゥストラは、別に問題無いと判断したのであった。 
【能力(能力3)】{この情報はロックされています。アンロックする為にはお互いの友好度がMAXである
必要があります。}
【種族】人間
【所属】中立軍
【役職】幹部
【備考】幹部にはなりたてであり、上手くできるかなと緊張しているが、何とかなるだろうと思っている。
【SV】「君達の戦争は僕が止めよう」
「僕は君を殺さない。 生命の殺生は、僕からすれば無意味な行為だからね」
「僕が君を守る。だから、この時だけ信じて欲しいな」
【備考2】{この情報はロックされています。アンロックする為にはお互いの友好度がMAXである 必要があります。}【その他】■を解除するには、お互いの好感度が4(相当愛し合っている。相手は女であれば子作り済みな程。
MAXの一歩手前)に達しなければなりません。尚、男及び中性だと好感度は上げにく く
女だと好感度は上げやすいです。

  • 最終更新:2018-11-06 17:55:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード